読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

沼には落ちたくない

横尾渉と佐藤勝利と時々映画。

佐藤勝利という衝撃

前回のエントリーで「横尾さんが気になっていて……」という話をした。

それは今も絶賛継続中であり、地元で視聴可能な番組は全て撮りため、いつか放送されるであろうWATA'sキッチン(仮)の番組構成を妄想しながらアルバムの発売を待ちわびる日々である。音楽の日の横尾さんは非常に良い横尾さんだった。

気になるどころか完全に好きになってるだろお前、という状態であるが、まだ過去のCD・DVDを買い漁るレベルまで至っていないので大丈夫だと認識している。


そんな、自分的にギリギリOKなラインで横尾さんを愛でているところに、予想外の方向からとんでもない衝撃を受けた。
衝撃の程度を表現するならば、散歩中後頭部に隕石が降ってきたくらいである。正直危なかった。

 その隕石の名前こそが、佐藤勝利である。

 


ファーストコンタクト

Sexy Zoneの存在はデビュー当時から知っていた。バレー中継も見ていたし、何せこの名前である。一度聞いたら忘れない。
「若っ!ちっさ!こんなおぼこいのにセクシーって!」という、見たまんまの感想を持った。当時既に成人を越えていた私にとっては、幼すぎるという点で興味を持ち難かったのだ。
佐藤くんに関しては「ジャニーズらしい可愛い顔の少年だな」程度の認識はあったが、それだけ。
2011年のワールドバレーが終わると共に、彼らを見る機会もなくなった。

 

幼い少年がキラキラアイドルをしているというのが、この段階における私のSexy Zoneの認識。真ん中にいる名も知らぬ子佐藤勝利であった。

 


セカンドインパクト

二度目に彼らを認識したのは、おそらく君にHITOMEBOREのプロモーションでMUSIC JAPANに出演していた時だ。
なぜ“おそらく”なのかと言えば、特別意識して見ていなかったせいで何を歌っていたのかさっぱり覚えていないのである。頑張って記憶を辿っても「何やら握手会の対応がとんでもなくすごい」という事しか思い出せない。人間の脳は積極的に興味のある事で無ければデータを残しておけないらしいと痛感。

 

(余談)この段階に至るまでに私はハングリー!というドラマを見ていたし、BAD BOYS銀の匙も原作が好きなため映画化に際してキャストの情報は見ていたはずなのである。
しかし、MJを見ている時点で私の脳はドラマに出ていた少年=佐藤勝利、二つの映画の主役=中島健人という等式を導き出せなかった。何なら健人くんとHey! Say! JUMPの中島裕翔くんを取り違えて覚えていた。ここまでくると興味のあるなし関係なく単なる老化現象な気がしてくる。

 

こんな調子で、何のプロモーションかすら解っていなかった私であるが、佐藤くんを見てこんな事を考えていた。
「Jr.時代の翼くんに似ている気がする…」

私が今までで最も熱心に応援したジャニーズは相葉雅紀であるが、私が今までで一番カッコイイ!と思ったジャニーズは今井翼である。
顔の造形が好みなのはもちろん、とにかくスタイルが良い。彼が歌って踊る「アンダルシアに憧れて」は今でも私のお気に入りだ。
そんな翼くんと、佐藤くんがどことなく似ている。顔の系統は異なるが、二人とも長身では無くとも小顔でスタイルが良い。それに加えて、非常に感覚的な話だが体全体のフォルムが似ている気がした。

 

ここで私の彼への認識が、翼くん似の可愛いジャニーズ顔の佐藤くんへと変わる。
少し興味を持った段階。ファーストコンタクトから三年目にして、ようやく名前を把握するに至った。

 

 

一つの疑問

名前を覚えたMJから半年以上が経ったある日。と言うかつい最近。
ネットを徘徊していると、こんな一文が目にとまった。

 

Sexy Zoneの勝利くんて自分の顔が好きじゃないんだって”

 

佐藤くん自身が何かの雑誌で明言していたらしいが、私にはいま一つピンとこなかった。あんなにTHE・ジャニーズなお顔をしてるのに? あんなにキラキラしているのに? という具合だ。
「もしかして、私の脳内で彼が美化されているのだろうか…」
思えばまじまじと顔を見た記憶はない。いつも番組を眺めて可愛い子ね~とのんびり思っているだけである。
「もしかして、ちゃんと見たらそんなに可愛くないのか…?」
そんな疑問を抱いた私は、直ぐに確認作業に入る事にした。

 


そして隕石が降ってきた

佐藤くんのお顔を確認する為に選んだ材料は少年倶楽部だった。
何年も見ていなかった小クラであるが、たまたま友人にA.B.C-Zのコンサートへ誘われ、彼らの楽曲を知る為に視聴を再開・録画していたのである。素晴らしいタイミングだ。

やはりソロ曲の方がたくさん映るし良いだろうと、「好きだよ」から確認。
初めて“佐藤勝利を見る為に番組を見た”瞬間である。
感想を一言で伝えるならば、


「めちゃくちゃかわいい」


単純だがこれに尽きる。美化されてたどころじゃない、むしろ私の脳内が追いついていなかった。
なぜこんな可愛い子を今までぼけーっと眺めていられたのかが謎である。自分のアンテナの弱さ、既に好きなモノ以外に対すつ極度な無関心さがいっそ怖い。


「いや、可愛いだけじゃだめだ!横尾さんのクッキングのように特別な要素がないと!落ち着け私!未成年にハマってはいけない!逮捕される!」


あまりの可愛さに怯んだ私は、そこで確認作業を終了した。

世の中には踏み込んではいけない領域があるのだ。佐藤勝利と言う人はまさにそれだ。

もしも彼に「超絶可愛い」以外の+αを見てしまったら、きっと私は破産する。

 

最後に

横尾さんが階段を一つずつ降りるようなハマり方だとすれば、佐藤くんはナイアガラから一気に落ちるようなハマり方だと思う。

今の私は、川中の岩にしがみついて耐えている状態だ。ちょうどCha-Cha-Chaチャンピオンのプロモーション期間が始まり、水の流れはより激しくなっている。落下するのも時間の問題かもしれない。

 

知らなかったものとして佐藤勝利を忘れるか。

可愛さの前にひれ伏して金銭を差し出すか。

 

私の事だから恐らく後者になるのだろうなぁと、通帳を眺めて溜息をついている。